歌割・パート

28thシングル『君に叱られた』初オンエア、歌割り・パート割、出演メンバー

28thシングルアーティスト写真
  • コピーしました

28枚目シングル『君に叱られた』初オンエア

28枚目のラジオ初オンエアはセンター、賀喜遥香がMCを務めるTOKYO FM、School of Lock内の乃木坂Rocks(2021年8月26日放送、23:05-)で、タイトル同時発表という形で行われました。

 

28枚目シングル『君に叱られた』TV出演&メンバー変更

TV初ライブ披露

2021.8.28 『ラフ&ミュージック』

生田絵梨花→阪口珠美

 

TV・LIVE初オンエアは2021年8月28日放送(18:30~23:10) フジテレビ「FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~」で行われました(18:48頃/生田ポジション→阪口珠美)。

 

 

TV出演2回目~

2021.9.18 『シブヤノオト』

山下美月→阪口珠美
星野みなみ→空席

 

2回目のテレビ出演は2021年9月18日(23:10~23:40)NHK『シブヤノオト』(番組冒頭)で賀喜遥香、齋藤飛鳥、与田祐希、遠藤さくら、高山一実の5名がスタジオ生出演、パフォーマンスは録画でした。なお山下美月さんと星野みなみさん欠席で、山下ポジションには阪口珠美さん、星野ポジションは空席のまま行われました。

 

2021.09.21 『うたコン』

山下美月→阪口珠美

 

3回目のテレビ出演披露は2021年9月21日NHK『うたコン』(19:57~20:42)でした。

 

 

28枚目シングル『君に叱られた』作曲者

作詞:秋元康

作曲:youth case

 

youth caseは2人組の日本の音楽ユニットで、乃木坂46の作曲作品には他に

『I see...』

『Out of the blue』

『wilderness world』があります。

28枚目シングル『君に叱られた』歌割・パート割

歌詞

『君に叱られた』全歌詞はこちらのサイトへ→Lyrical Nonsense

歌割り

歌割りはあくまでも暫定的なものです、一部不正確なものもあります(随時更新予定)。

今回のパート割はTVでLIVE初披露された フジテレビ「FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~」(生田ポジション→阪口)『シブヤノオト』(山下ポジション→阪口)を参考にしたもので、全歌詞のうち太字部分のみが歌われました(生田ポジションには阪口珠美さんが入っています)。

 

なおパートを歌っているメンバーを太字にしてありますが、アンドロイド機種などでは見ずらい場合もあります。その場合は続いて記載したVersion Bを参照してください。

 

 

君に叱られた(Version A)

 

電車の中はうるさくて
知らずに声が大きくなってた

 

樋 早 清 北 岩 鈴 田 新 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

キツく聞こえたかもしれない

 

樋 早 清 北 岩 鈴 田 新 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

「僕のどこが間違ってるんだ?」

トンネルに入る前にそう言って

 

樋 早 清 北 岩 鈴 田 新 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

暗くなった窓が気まずい

 

樋 早 清 北 岩 鈴 田 新 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

人の話聞こうとせずに

 

樋 早 清 北野 岩本 鈴木 田 新 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

自分の答えを押し付けた

 

 早川 清宮 北 岩 鈴 田村 新内 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

そんなに世界を狭くしてどうするの?

 

樋口 早川 清 北野 岩本 鈴木 田 新 掛橋

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

僕は頭を殴られたようで

 

樋 早 清 北 岩 鈴 田 新 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

やっとわかった(わかった) 君の存在

当たり前すぎて気づかなかった
そんな言われ方したことないよ
そばの誰かがかばってくれた
わかったわかった 自分のことが
愛がなければ生きては行けない
大人になって初めてだった
いつもはあんな優しい君に叱られた

 

樋 早 清 北 岩 鈴 田 新 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

 

-----------

ホームに降りた僕たちは
続きを話す気もなくなって
少し距離ができたまま
人混みに埋もれてしまいそうで
僕は謝ることより先に
君と手と手を繋いだ
どこか足りないジグソーパズル
そっと互いに埋め合うのが
相手への思いやりとか優しさとか
それがごく自然な関係なんだって思う

なぜか言葉が(言葉が)刺さってるのに
ずっと素直になれなくてごめん
言い負かされて悔しいけれど
一人きりじゃ何も出来ない
言葉が(言葉が)刺さってるのに
反論しても無駄な抵抗だ
プライドなんかどうでもいいよ
それより僕は君に叱られて嬉しい

-----------

 

 

愛は甘えられるもの 許してくれるもの
だからいつだって 一方的だった

 

樋 早 清 北 岩 鈴 田 新 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

やりたいようにやっては

 

樋 早 清 北 岩 鈴 田 新 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

誰か傷つけてきたのか

 

樋 早 清 北 岩 鈴 田 新 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

例えば世界にたった1人の君には

 

樋 早 清 北 岩 鈴 田 新 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

叱ってもらいたい

 

樋 早 清 北 岩 鈴 田 新 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

わかった(わかった)君の存在
当たり前すぎて気づかなかった
そんな言われ方したことないよ
そばの誰かがかばってくれた
わかった(わかった) 自分のことが
愛がなければ生きては行けない
大人になって初めてだった
いつもはあんなに優しい君に叱られた

 

樋 早 清 北 岩 鈴 田 新 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

僕を叱って

 

樋 早 清 北 岩 鈴 田 新 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

君が叱って

 

樋 早 清 北 岩 鈴 田 新 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

 

ちゃんと叱って

 

樋 早 清 北 岩 鈴 田 新 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

 

素直に聞けるから

 

樋 早 清 北 岩 鈴 田 新 掛

筒井 梅澤 星野 高山 生田 久保 秋元

遠藤 与田 賀喜 飛鳥 山下

 

 

 

 

 

君に叱られた(Version B)

 

電車の中はうるさくて
知らずに声が大きくなってた

(与田、賀喜、飛鳥)

 

キツく聞こえたかもしれない

(遠藤、山下)

 

「僕のどこが間違ってるんだ?」

トンネルに入る前にそう言って

(星野、高山、生田)

 

暗くなった窓が気まずい

(筒井、梅澤、久保、秋元)

 

人の話聞こうとせずに

(北野、岩本、鈴木)

 

自分の答えを押し付けた

(清宮、田村、新内)

 

そんなに世界を狭くしてどうするの?

(樋口、早川、掛橋)

 

僕は頭を殴られたようで

(賀喜、飛鳥、与田、遠藤、山下)

 

やっとわかった(わかった) 君の存在
当たり前すぎて気づかなかった
そんな言われ方したことないよ
そばの誰かがかばってくれた
わかったわかった 自分のことが
愛がなければ生きては行けない
大人になって初めてだった
いつもはあんな優しい君に叱られた

(全員)

 

ホームに降りた僕たちは
続きを話す気もなくなって
少し距離ができたまま
人混みに埋もれてしまいそうで
僕は謝ることより先に
君と手と手を繋いだ
どこか足りないジグソーパズル
そっと互いに埋め合うのが
相手への思いやりとか優しさとか
それがごく自然な関係なんだって思う

なぜか言葉が(言葉が)刺さってるのに
ずっと素直になれなくてごめん
言い負かされて悔しいけれど
一人きりじゃ何も出来ない
言葉が(言葉が)刺さってるのに
反論しても無駄な抵抗だ
プライドなんかどうでもいいよ
それより僕は君に叱られて嬉しい

 

愛は甘えられるもの 許してくれるもの
だからいつだって 一方的だった

(賀喜、飛鳥、与田、遠藤、山下)

 

やりたいようにやっては

(筒井、梅澤、星野、高山、生田、久保、秋元)

 

誰か傷つけてきたのか

(樋口 早川 清宮 北野 岩本 鈴木 田村 新内 掛橋)

 

例えば世界にたった1人の君には

(賀喜、飛鳥、与田、遠藤、山下)

 

叱ってもらいたい

(筒井、梅澤、星野、高山、生田、久保、秋元)

 

わかった(わかった)君の存在
当たり前すぎて気づかなかった
そんな言われ方したことないよ
そばの誰かがかばってくれた
わかった(わかった) 自分のことが
愛がなければ生きては行けない
大人になって初めてだった
いつもはあんなに優しい君に叱られた

(全員)

 

僕を叱って

(賀喜、飛鳥、与田、遠藤、山下)

 

君が叱って

(筒井、梅澤、星野、高山、生田、久保、秋元)

 

ちゃんと叱って

(樋口 早川 清宮 北野 岩本 鈴木 田村 新内 掛橋)

 

素直に聞けるから

(全員)

 

 

 

 

乃木坂46 4期生楽曲『猫舌カモミールティー』歌割り・パート割

 




  • コピーしました
最近の投稿
カテゴリー