高山一実

高山一実『バスVS鉄道・乗り継ぎ対決旅」に参戦!過去に乃木坂46と対決したアイドル

高山一実シャボン玉
  • コピーしました

乃木坂46より初参戦「バスVS鉄道 対決旅」

NGT48中井りかも参戦

高山一実が5月5日初回放送の『水バラ バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅』に登場、太川陽介バスチームでお笑い芸人プラスマイナスの岩橋良昌とともに、村井美樹率いる鉄道チームと対戦しました。鉄道チームのゲスト参加者はNGT48の中井りかとお笑い芸人のとにかく明るい安村。

水曜バラエティー「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」の第8弾となった九州編では、熊本城から長崎の平戸城まで1泊2日の旅を敢行しました。

過去に水バラの同企画、対決旅に参加した現役アイドルは、シリーズ4の荻野由佳(NGT48)とシリーズ6の高城れに(ももいろクローバーZ)、横山由依(AKB48)がいました。

乃木坂46からは初、NGT48からは2人目の参戦。

今回はアイドルが両チームに一人ずつ参加ということで、番組中でもなにかと2人を比較するようなシーンも出てきました。

 

 

アイドル対決はあったのか

「国民的アイドルが参戦、人気絶頂のアイドルグループ」と紹介された高山一実に対して、中井は「毒舌女王、炎上アイドル」と紹介され、乃木坂への贔屓感も若干ありましたが、TV東京系の番組で乃木坂46は『乃木坂ってどこ?』『乃木坂工事中』でデビュー前からの応援を受けています。かたや中井りかも『青春高校3年C組』(2018年4月2日 - 2020年3月27日、テレビ東京)で副担任として番組のアシスタントMCを務めていて共に関わりがあります。

今回が初対面となった高山と中井ですが、番組中では一方的に中井が乃木坂46を意識するような言動の場面もいくつかありましたが、高山一実からはそんな気配は一切漏れることなく、アイドル・バチバチ対決の要素は希薄だったと思います。

 

結果は予定調和的というか無難に落ち着いたといえなくもないですが、番組を観ていればわかるように、あくまでも「太川VS村井」の真剣勝負の結果だったと思います。

 

船酔いが怖かった高山一実

高山一実はクルーズ船やフェリーが苦手

今回は番組史上初のフェリー乗り継ぎがオプションとして追加されましたが、なんとわれらがかずみんは「船酔い恐怖症」、そのむかしパリ(パリ万博のときだと思います)に行ったときみんなで高級ディナー・クルージングに行ったそうですが、5分で船酔いして、テラスでずっと寝ていたことがあったのだそうです。以来、乃木坂46がアルバムの発売前に記念イベントとして過去4回行った、ファンを招待して行う「豪華船で行く東京湾クルーズ」には一人だけ参加していません(もしかしたら初回だけは参加しているかもしれませんが、その時もひどい船酔いをしていると思います。かつてモバメかブログで船酔いのことを報告していますが、時期的に第1回のクルーズと重なっていたように記憶しています)。

 

自分も第4回のクルーズに参加したことがありますが、かずみんは不参加でした→乃木坂46ファン感謝祭スペシャルイベント”東京湾クルージング2019”参加レポート

 

今回はそれほど苦手なフェリーに挑んだのは大きな進歩と言えるでしょう。




過去に乃木坂46と対決したアイドル

HKT48

『乃木坂46×HKT48 冠番組バトル!』(2013年7月3日から9月18日の毎週水曜日深夜に日本テレビと福岡放送で放送)においてそれぞれの冠番組『NIGIBINGO』と『HKT48トンコツ魔法少女学院』(各30分)を1時間枠の番組の中で放送するという企画で全12回放送されています。

 

各回、単独審査員が招かれ(江川達也、西村賢太、林修、有村昆、崔洋一、FROGMAN、犬童一心、ケント・モリ、増田セバスチャン、 テリー伊藤)独断で勝者(より面白かった番組)を決定、勝った判定を受けたグループの番組が次回先にオンエアされるという対決番組。初回の放送順はじゃんけんで決定、指原莉乃(HKT48)が高山一実に勝利し、『HKT48トンコツ魔法少女学院』が先に放送されています。最終回は各グループ1時間番組を用意し、それまでの勝利数の多いグループの番組のみ放映されるという勝負企画、それまでの単独だった審査員10名が全員投票した第11回で乃木坂46が勝利し、勝利数が並んだため、じゃんけんで決定、3名の勝負で2対1でHKT48が勝利、『NOGIBINGO』第12回は幻の放送回となってしまいました。ただこのことが幸いしたかどうかはわかりませんが、その後発売された『NOGIBINGO』DVD-BOXの売りが「幻の放送回を収録」として宣伝されていました。この第12回は現在もDVDでしかみられず、Huluでも第12回はリストにありません。

 

プレディア 湊あかね

「THEカラオケ★バトル」最強女子ボーカリストNo.1決定戦 (2016年11月2日放送)

 

乃木坂46の川村真洋とprediaの湊あかねさんがカラオケでアイドル対決しています。

 

「THEカラオケ★バトル」は2021年5月現在も、不定期に放送中の人気番組で、各界で活躍する全国の歌うまシンガーたちがカラオケマシンの採点で競い合う、元祖カラオケ採点番組として知られています。

毎回さまざまなテーマで参加エントリーが決められる大会で、該当の大会は3ブロックに別れ各ブロックの予選上位1名が決勝に進出するブロック方式がとられています(現在もほぼ同じ)。

 

川村真洋はメンバー、ファンともに認める「乃木坂46で一番の歌姫」でした。2015年12月に初開催された「最強女子ボーカリストNo.1決定戦」と2016年6月の第3回大会に出場していますが、いずれも97.2点台をマークしていますが、水森かおりさんや、第2回大会優勝の宮本美季さんらの前に、2大会連続の決勝進出を逃していました。3度目の挑戦では、大人アイドルユニット「predia(プレディア)」の男前歌姫担当という湊あかねさんとアイドル対決をしています。

 

川村真洋のブロックには湊あかねさんの他、もとDAT(day after tomorrow)のmisonoさん、歌うまモデルこと高橋りなさんとの4人の予選ブロック。3度目の正直で決勝進出にかける川村真洋が、「同じアイドルというジャンルの乃木坂46には負けたくない!」と意気込む湊あかね、歌手として絶対に負けられないと語るmisonoさんらを制して決勝に進んでいます。点差はわずかに0.1点台でした。

 

番組データ

 

【司会】堺正章、柳原可奈子、繁田美貴アナウンサー
【ゲスト】陣内孝則、光浦靖子、遼河はるひ、春日俊彰(オードリー)、鈴木あきえ

 

予選Aブロック
HONEBONE・EMILY(アンジェラ・アキ『サクラ色』)
シンガーソングライター・二宮愛(レベッカ『フレンズ』)
元劇団四季のトップ女優・ 吉沢梨絵(MISIA『果てなく続くストーリー』)
シンガーソングライター・森恵(back number『ヒロイン』)

 

予選Bブロック
乃木坂46・川村真洋(絢香『ツヨク想う』)
predia・湊あかね(MISIA『眠れぬ夜は君のせい』)
misono(花*花『さよなら大好きな人』)
異色の歌うまモデル・高橋りな(小柳ゆき『be alive』)

 

予選Cブロック

苦労人シンガーこと中里亜美(髙橋真梨子『ごめんね…』)
ハッカドロップス(ザ・フォーク・クルセダーズ『悲しくてやりきれない』)
ミュージカル女優・中村萌子(今井美樹『Goodbye Yesterday』)
元宝塚・RiRiKA(松田聖子『抱いて…』)

 

 

 

 




  • コピーしました

   高山一実 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー